<前回まで>

 

この惑星ガラムでまたもやあのワームホールに襲われたカナタ。

辛くも逃げ切りましたが、刺客の目星は付いているようです。

そして今回ついに刺客が判明!

 

 

以下、第41話のネタバレ感想&考察です。

 

 

スポンサーリンク

 

『彼方のアストラ』 第41話の流れ

 

  • 雨のため少人数で探索
  • シャルスとザックに刺客を打ち明ける
  • 刺客をハメるための囮作戦
  • ついに刺客を特定&確保

 

第41話 ネタバレ感想

 

惑星ガラムは大雨です。

 

天候の成り行きが読めないとの理由で少人数での探索を提案するカナタ。

 

 

選抜メンバーは、

 

カナタ・ザック・シャルス・ウルガー。

 

ウルガーは既に外に出て3人を待っています。

 

 

ザックとシャルスがスーツに着替えているときにカナタが昨日の球体に襲われた件を話します。

 

驚く2人。

 

 

全員を抹殺する前にこちらからやるというカナタですが、シャルスは犯人は誰なのか知っているのかと問います。

 

無言で顎で外を見るよう促すカナタ。

 

そしてそこには・・・

 

 

刺客はウルガーか!!

 

 

 

カナタは人工ワームホールが突発的に発生するのは、小型のリモコンのようなもので操作しているんじゃないかと仮定しているようです。

 

どうやらポリーナのいた地球では人工ワームホールは定位置に建設するもので移動できないとのこと。

 

しかしすでに小型化されていて、自由に操作できるとしたら・・・?

 

 

抹殺を再開した理由を問うシャルスに、密かに覚えた操縦で一人でアストラに帰るつもりだろうとカナタ。

 

ウルガーを拘束しようとしても、銃とワームホールがあるため困難でしょう。

 

 

というわけで、ここから作戦タイム。

 

 

  • ウルガーとシャルスを組ませて行動させる
  • カナタ・シャルス・ザックだけに通信がつながるようにしておく
  • 洞窟に誘導し二人きりになったところでウルガーが銃を出すはず
  • 銃には細工がしてあり、弾が出ない
  • 慌てて球体を出したところで、尾行していたカナタとザックが確保!
  • やったぜ。

 

という流れで行くようです。

 

シャルス「それって僕が消されるだけじゃ・・・(汗)」

 

確かに・・・

 

という不安もありますが、なんとか説得し作戦開始!

 

 

ウルガーを作戦通り、うまく洞窟に誘導したシャルス。

 

(どう動けばいい・・・?判断を誤るな)

 

かなり不安な様子。

 

 

しばらく歩いていると突然カナタから作戦中止の通信が!

 

フニが行方不明になったとのこと。

 

カナタとザックはすでに引き返しているので、シャルスにもすぐ戻れと走りながら指示します。

 

「わかった」と返事をして振り向くと・・・

 

 

 

銃を構え、ためらいなく引き金を引くウルガー。

 

しかし細工してあるため、弾は出ません。

 

そしてついにあのワームホールを出します。

 

 

ワームホールを挟んで対峙する二人・・・

 

そこに船に戻ったはずのカナタが突然現れ、刺客の腕を掴み捻り上げます!

 

 

「球体を解除しろ」

 

 

刺客の手の中には小さなリモコンらしきものが。

 

 

 

「やっぱりお前が刺客だったんだな」

 

 

 

 

 

何が起こったのか理解できないという表情のシャルス。

 

これで解決となるのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

謎や伏線は?

 

  • シャルスのセリフ

 

(どう動けばいい・・・?判断を誤るな)

これは刺客としての考えだったわけですね・・・

みんなの前で自分が球体を出したら刺客ですって言っているようなものですし。

結果的にウルガーと二人きりだと思って出したところで捕まりました。

カナタの方が一枚上手でしたね。

 

 

  • ウルガーの行動

 

これは多分前もってウルガーに本当の刺客と、この作戦を伝えていたんでしょうね。

弾が出ずに驚いた時の表情はなかなかの役者ぶり!

しかしあの球体が出てきてもたじろぐ素振りを見せなかったのは凄い度胸ですね。

むしろ「オレが出した」と言わんばかりの態度でしたw

心臓に毛が生えすぎてマリモですね!

 

  • シャルスのもっていたもの

 

どう見てもリモコンですが、あんな小さいものでワームホールを操作するとかどんな科学力ですかw

ウチの扇風機のリモコン並みに小さいんですが (^^;)

 

 

第41話 まとめ

 

今回、みんなを恐怖のズンドコに叩き落としてきた刺客が判明しました!

 

刺客の名は「シャルス・ラクロワ」

 

最初はウルガーが刺客だと言っていたカナタですが、シャルスをハメるためにそういっていたんですね~。

 

流れからいくとザックも知っていたんでしょうね。

 

 

さて、このままおとなしくシャルスは捕まってしまうんでしょうか?

 

まぁ、カナタの身体能力とウルガーの銃(本当は使える?)がある以上どうにもならなそうですが、みんなまとめてワームホールに・・・という自爆展開とかはあるんでしょうか?

 

他に何か切り札でもあれば面白いかも。

 

あと、実は共犯がいる・・・という展開も面白そうですね。

 

 

P.S

 

前回の「刺客は誰だ!」のアンケートですが、

 

  1. シャルス
  2. アリエス
  3. フニシア

 

という結果でした。

 

やっぱりみんなシャルスが怪しいと思っていたんですね。

 

管理人も予想が当たってホッとしています \(^o^)/

 

 

スポンサーリンク

 

 

以上、<第41話のネタバレ感想>でした。

最後までお読みくださりありがとうございました!

コメントもお気軽にどうぞ~ ( ^ω^)ノシ

 

次回、第41話 ネタバレ感想は、9/23~9/24に掲載予定です!

 

 

▼『彼方のアストラ』最新4巻を電子書籍で読むなら『eBookJapan』がおすすめです!

 

 

  • 彼方のアストラ 第42話 ネタバレ感想:「A King's Clone」
  • 彼方のアストラ 第41話 ネタバレ感想:「刺客、確保」
  • 彼方のアストラ 第40話 ネタバレ感想:「刺客はアイツだ」
  • 彼方のアストラ 第39話 ネタバレ感想:「人工ワームホール」
  • 彼方のアストラ 第38話 ネタバレ感想:「歴史の分岐点」
おすすめの記事