彼方のアストラ 第37話 ネタバレ感想:「地球とチキュウ」

 

<前回まで>

 

アーク6号クルーの最期の地で、タケノコの怪物から形見を奪い返したカナタ。

ポリーナは決意を新たにこの惑星を離れる決意を固めます。

今回の第37話でコミックス4巻終了!

 

以下、第37話のネタバレ感想&考察です。

 

 

スポンサーリンク

 

『彼方のアストラ』 第37話の流れ

 

  • 「惑星・イクリス」出発式
  • ラウンジが地獄絵図に
  • モニターに「故郷」が映し出される
  • ポリーナとカナタ達の齟齬

 

 

第37話 ネタバレ感想

 

B5班遭難から87日目---

 

惑星「イクリス」では13日も滞在することになってしまいましたが・・・ついに旅立つ時が来ました。

 

各自出発前の準備をしています。

 

ザックは設備の下で工具を使って点検中。

 

ウルガーは机に座り、銃の整備に余念がありません。

 

 

医務室にてキトリーの診察を受けるポリ姉。

 

どうやらクローンの件を聞いたようです。

 

ポリーナ「気にしてないの?」

キトリー「ずっとモヤモヤしてるわよ、もちろん。でもクヨクヨしてるのがバカらしくなってくるのよね」

キトリー「だってあいつらときたら何が起きてもアホみたいに明るいんだもん」

 

 

ラウンジではユンファが生ライブ中!

 

いーろいーろあったけどー

 

イークーリース

 

しゅっぱつだー

 

ポリ姉げんきで

 

よかったねー

 

ヘイ

 

(作詞・作曲:フニ)

 

 

こんな歌でも、世界の歌姫のクローンであるユンファが歌うと名曲になりますw

 

すでにクローンをネタにしているクルー達。流石ですw

 

 

 

さて、カナタはクラフトスーツの上から反重力シューズを履く試み。

 

これがあればドラポンの時も、今回ももっと楽だったと言います。

 

クラフトスーツの靴の上から靴を履いているので、ルカに「イカレてんすか?」と小馬鹿にされます。

 

確かにこれがあれば楽勝だったよね。しかしルカ酷えw

 

ルカ「十種競技とルカジャベリンで乗り越えてきたのマジ奇跡っすよね・・・」

 

 

さて、ここでシャルスが作った出発式用のケーキが登場!

 

「イエーイ!」と反重力シューズを履いていることを忘れ、飛んで喜びを表現するカナタですがそのせいで酷いことに。

 

  • カナタ → 大ジャンプで天井に頭をぶつける
  • ザック → その振動で転がり落ちてきたドライバーが胸に刺さり、驚いて頭を上げたら設備に頭をぶつけ気絶
  • ウルガー → その振動でシステムの何かが誤作動して浮く
  • ルカ → 落ちてきたカナタの下敷きになり「ギニャー!!」
  • アリエス → 躓いて転び、持ってたケーキが顔に

 

 

キトリーとポリーナが戻ってくると・・・

 

 

地獄絵図!!

 

なんやかんやありましたが、ともかく惑星イクリスを出発することが出来ました。

 

パイ投げ状態になったあのケーキ、食べたんですかねw

 

 

宇宙航行中---

 

ザック「お!見えた!!」

ルカ「何すか?キトリーさんのパンツっすか?」

キトリー「ちょっと、どうやってみてんのよ!」

ザック「見てるわけねーだろ!!」

 

相変わらず騒がしい連中ですw

 

 

ザックによると、どうやらアーク6号の前方部をドッキングしたことにより、壊れていた宇宙望遠鏡が使えるようになったそうです。

 

そしてモニターに映し出される懐かしの「故郷」

 

ユンファを皮切りにカナタもアリエスも涙します。

 

カナタ「これを見て泣かないほうがウソだ」

 

もう4ヶ月も遭難してるもんね・・・

 

故郷を見て力が湧くクルー達。

 

「よーし、いくぜ最後の惑星!!」

 

「アイ・イエー!!!」

 

 

騒ぐクルー達の前にポリーナが現れます。

 

ポリーナ「どうしたの、みんなではしゃいで」

 

ゴールが見えることを伝えるとポリーナもモニターを見て涙。

 

 

しかし何か違うことに気づきます。

 

ポリーナ「あら?何か・・・おかしいわね。これは本当に地球?」

 

 

違いを指摘するポリーナ。

 

しかしポカンとするクルー達。

 

 

カナタ「いや、ポリ姉」

 

 

カナタ「チキュウって何だ?」

 

 

え”っ!?

 

 

予期せぬ答えに震えるポリーナ(と管理人)。

 

ポリーナ「何?ふざけるのはよして・・・地球よ!!」

 

カナタ「ポリ姉、変だぞ」

アリエス「まだ記憶が混濁しているのでしょうか」

 

本当に「地球」を知らないと言った様子。

 

見た目も言語(英語)も同じ。

 

なのに地球を知らない。

 

 

モニターを指差し

 

「じゃあ、あの惑星は何!?」

「あれが地球でないのなら、あなた達はどこから来たって言うの!?」

 

叫ぶポリーナ。

 

 

カナタ「オレ達の惑星?そんなのわかりきってるだろ」

 

 

 

カナタ達の故郷は、地球ではなく「惑星アストラ」

 

これは一体・・・?

 

 

スポンサーリンク

 

伏線や謎は?

 

  • チキュウって何だ?

 

見た目や言語は同じ人類。

しかしカナタ達は地球を知らない。

なんですかこれは・・・ちょっと怖いんですけど (^^;)

 

 

第37話 まとめ

 

いや~この展開ヤバいですねー。

 

クローンの時もですけど、めっちゃ怖いのと面白いのが混濁してます。

 

 

地球と似ているあの惑星は「アストラ」という惑星のようです。

 

そしてカナタ達の故郷。

 

『彼方のアストラ』 タイトル回収回となりました。

 

 

管理人はてっきり未来の地球が舞台で、宇宙の「彼方」から「アストラ号」で戻ってくる話なのかと思ってましたが・・・

 

たしかに今まで一度も「地球」という名前は出てきませんでしたね。

 

言語が統一されていて、人種もごちゃまぜでしたけど、まあSF漫画の範疇だろうと思ってました。

 

 

ポリーナはどうやら地球出身で、何らかの理由でアーク6号で飛び立ちイクリスに不時着したようですね。

 

この齟齬は一体どういうことなのか、判明するのが楽しみです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

以上、<第37話のまとめ>でした。

最後までお読みくださりありがとうございました!

コメントもお気軽にどうぞ~ ( ^ω^)ノシ

 

 

第38話はこちら

 

 

▼『彼方のアストラ』最新4巻を電子書籍で読むなら『eBookJapan』がおすすめです!

 

 

 

 

 

  • 彼方のアストラ 第37話 ネタバレ感想:「地球とチキュウ」
  • 彼方のアストラ 第36話 ネタバレ感想:「たけのこの里」
  • 彼方のアストラ 第35話 ネタバレ感想:「新婚さん、いらっしゃ~い!」
  • 彼方のアストラ 第34話 ネタバレ感想:「クローン計画の破綻」
  • 彼方のアストラ 第33話 ネタバレ感想:「クローン」
  • 彼方のアストラ 第32話 ネタバレ感想:「超愛しちゃう」
おすすめの記事