彼方のアストラ 第36話 ネタバレ感想:「たけのこの里」

 

<前回まで>

 

クルーが落ち込んでないか心配になって声かけるカナタ。

しかしカナタが思っている以上にみんな強かったようです。

そしてザックとキトリーの結婚報告で蜂の巣をつついたように大騒ぎの船内。

このことで若干明るくなりました。

 

以下、第36話のネタバレ感想&考察です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

『彼方のアストラ』 第36話の流れ

 

  • アーク6号クルーが行方不明になった場所へ
  • 怪物に襲撃される
  • カナタ VS タケノコ野郎

 

第36話 ネタバレ感想

 

食料と水の採取を終え、船内に詰め込むカナタ・ルカ・シャルス。

 

そこにポリーナが登場。

 

どうやら身体も治ったようです。

 

ポリーナのことを「ポリ姉」と呼ぶルカ。

 

「相変わらず馴れ馴れしいヤツだ」とカナタは言いますが、シャルスは「いいじゃないポリ姉」と同意。

 

 

簡単に流された!

 

ここでポリーナからのお願いが。

 

「連れてってほしいの。私の仲間が亡くなった場所に」

 

願いを叶えるべくアストラ号は飛びます。

 

消息を断った場所はわかっている様子。

 

ポリーナはそこに行って、仲間と同じくこの惑星の土になろうとも考えたようですが・・・

 

カナタ「ポリ姉は生きることを選んでスリープに入った。偉いと思うぜ」

カナタ「報告してやろう。生きてこの惑星を出ることを」

 

と励まします。

 

 

ポリーナの言う場所に到着したものの、特に何もない荒野です。

 

ポリーナ「それにしても・・・」

ポリーナ「あなたたちの宇宙服はずいぶん薄くてカジュアルなのね。驚いたわ」

シャルス「クラフトスーツ。薄くて柔らかいけど丈夫で硬い。矛盾を可能にした素材なんです」

 

確かにポリーナの着ている宇宙服はちょっとダボッとした感じで、アストラ号のみんなに比べると古さは否めません。

 

そんなことを話しているとカナタ達が何かを見つけたようです。

 

 

ポリーナ「間違いない。アーク6号の車よ」

 

何故かひっくり返り、周りの地面もデコボコになっています。

 

いったいこの車に何が・・・?

 

ルカ「・・・?これ何すかね」

 

ルカが拾い上げたものは、アーク6号のクルー・グレンのIDタグのようです。

 

  • 地面に落ちているIDタグ
  • ひっくり返った車

 

 

この状況から何が起きたか気づいたポリーナが叫びます!

 

 

「みんなここから離れて!!!」

 

 

「え?」と呆気にとられるルカの腕をウルガーが引っ張ります。

 

 

地面から地鳴りとともに現れたのは・・・

 

 

タケノコ型の怪物!!

 

敵、もしくは餌と判断されたのか、鋭い触手のようなトゲで攻撃してきます。

 

紙一重で攻撃を避けるシャルスとルカ!

 

カナタ「逃げろ!近くにいたら攻撃されるぞ!!」

 

 

しかし、この怪物を見たシャルスはウキウキですw

 

シャルス「日の光を浴び続けなくても活動できる種もいたのか」

シャルス「いやあるいはシャムーアのときみたいに地面そのものが光合成を担っていて共生関係に・・・」

 

カナタ「いいから逃げろって言ってんだ!!」

 

 

次々と地面から生えてくるタケノコたち。

 

 

ここは『たけのこの里』だった・・・?

 

みんな逃げ惑う中、ポリーナは立ち尽くしています。

 

カナタが不審に思っていると原因が判明。

 

 

 

タケノコの頭にグレンのIDタグが引っかかっていました。

 

ウルガーにポリーナを任せ、ルカジャベリンを持って一人立ち向かうカナタ。

 

カナタ「ウチの姉さんの大事な物なんだ。返してもらうぜタケノコ野郎」

 

触手攻撃をルカジャベリンでいなすカナタ。

 

しかしタグがあるのはタケノコの頭でかなり高い場所。

 

よじ登ったら縦に裂けた口で食べられそう。

 

槍を投げても触手で弾かれる。

 

残る手段は・・・

 

 

意を決したカナタが構えを取り、走り出します。

 

 

ポリーナ「彼が・・・カナタ君が生まれた目的は・・・?」

ウルガー「アイツは十種競技のチャンピオン・・・すなわち」

 

ウルガー「キング・オブ・アスリートになるために生まれてきたんだ」

 

 

 

「もらってくぜ」と、棒高跳びの要領でタケノコの頭にあるタグを見事奪取!!

 

そしてソッコーで逃げますw

 

 

IDタグをポリ姉に渡すカナタ。

 

感謝の言葉を口にするポリーナにカナタは

 

「こっちこそ、ポリ姉がすぐに気づいてくれなかったら、オレたちも餌食になってたところだ」

 

車がひっくり返っていることで、ポリーナは彼らに何が起きたのか気づいたようです。

 

アーク6号のクルー達が教えてくれたのでしょう。

 

形見が見つかり涙するポリーナ。

 

ポリーナ「みんなありがとう」

ポリーナ「これで、ここから旅立てる」

 

グレン

ディマ

フィリップ

バート

 

彼らの墓標はありません。

 

しかし・・・

 

ポリーナ「私が・・・あなた達の生きた証に」

 

 

スポンサーリンク

 

 

伏線や謎は?

 

  • アーク6号クルー達の最期

 

アーク6号のクルー達が乗っていた車は完全に裏返っていました。

おそらくタケノコに地面から急に攻撃され、ひっくり返ったのでしょう。

第30話でアーク6号から出ていったクルー達は、特に武器を装備していたように見えませんでした。

 

丸腰で、逃げる手段もないため為す術無くこの怪物達に食べられてしまったということでしょう・・・ ( ̄人 ̄) 合掌

 

 

第36話 まとめ

 

アーク6号のクルーが全滅したのは残念でしたが、形見が一つでも見つかって良かったですね。

 

カナタも十種競技の棒高跳びでタグを回収する活躍を見せました。

 

ルカジャベリンめっちゃ便利ですね。

 

カナタソードは一度も使う機会ないですけどw

 

 

あのタケノコの怪物はデカイし、硬そうだし、重火器がないと倒すのはかなり難しいんでしょうね。

 

カナタも倒すのは諦めてソッコーで逃げましたしw

 

 

それにしても、カナタの十種競技はかなり役に立ってますよね!

 

ドラポンの時は走り幅跳びで足場に飛び移り、やり投げでドラポンを倒しフニを救出。

 

今回は棒高跳びでした。

 

あとは砲丸投げとか、短・長距離走、円盤投げなどがありますので、いずれ使う機会があるかも?

 

 

スポンサーリンク

 

 

以上、<第36話のまとめ>でした。

最後までお読みくださりありがとうございました!

コメントもお気軽にどうぞ~ ( ^ω^)ノシ

 

 

第37話はこちら

 

 

▼『彼方のアストラ』を電子書籍で読むなら『eBookJapan』がおすすめです!

 

 

 

 

 

  • 彼方のアストラ 第37話 ネタバレ感想:「地球とチキュウ」
  • 彼方のアストラ 第36話 ネタバレ感想:「たけのこの里」
  • 彼方のアストラ 第35話 ネタバレ感想:「新婚さん、いらっしゃ~い!」
  • 彼方のアストラ 第34話 ネタバレ感想:「クローン計画の破綻」
  • 彼方のアストラ 第33話 ネタバレ感想:「クローン」
  • 彼方のアストラ 第32話 ネタバレ感想:「超愛しちゃう」
おすすめの記事