彼方のアストラ 第6話 ネタバレ感想:「十種競技」

<前回まで>

 

ドラポンに襲われ絶体絶命のピンチのフニシア。

カナタが助けに駆けつけるが、間に合うのか?

 

以下、第6話のネタバレ感想&考察です。

 

スポンサーリンク

 

『彼方のアストラ』第6話の流れ

 

  • カナタの得意スポーツが判明
  • ドラポンを討伐!
  • フニシアを救出!

 

第6話 ネタバレ感想

 

カナタは遭難事故のときのことを思い出します。

 

 

もっと力があればーーー

 

命を賭けた大ジャンプ!

 

なんとかギリギリ7メートル離れたトランポリンの木に着地します。

 

ルカが驚嘆します。

 

「落ちたら死ぬ高さなのに・・・一体何者なんすかあの人」

 

ここでザックが学校のニュースサイトで見た「カナタ・ホシジマ」について思い出します。

 

  • カナタは十種競技の選手
  • 20歳未満のジュニア選手権で高校生ながら3位に入賞している
  • 高校生の大会は行われていない

 

 

更にザックはカナタは陸上部に入っていないから、専属のコーチがいるんだろうと推測します。

 

走って跳んで投げて、と運動神経が抜群なことにみんな納得。

 

アリエス「だからといって跳べるものではありません」

アリエス「カナタさんは仲間のために命を懸けられる人なんです」

 

あと2つの距離まで近づくカナタですが、遂にフニシアがドラポンに抱えられてしまいます。

 

 

すでに手が届かないところまで飛んだドラポン。

 

何かないかと探していると、木の上に「ルカジャベリン」が落ちているのに気づきます。

 

ルカジャベリンは第3話でルカがカナタと一緒に見つけた槍のような木の枝。

 

十種競技の選手であるカナタはやり投げの容量でルカジャベリンをドラポンに向かって投擲!

 

見事命中させ、ドラポンを仕留めます。

 

フニシアがいる木の上に到着したカナタだったが、体力の限界で木の上から落ちそうになる。

 

落下すれば死ぬ・・・ところで思わぬ助け舟が。

 

 

一部始終を見ていたキトリーが機転を利かせてパラシュートの果実を飛ばしたようです。

 

キトリーのファインプレ

 

パラシュートの果実に捕まってフニシアを無事救出することに成功しました。

 

スポンサーリンク

 

 

伏線や謎は?

 

  • カナタを指導していたコーチ

 

かなり厳しく指導されていたようですが、誰なんでしょうか。親かな?

 

第6話 まとめ

 

今回はカナタが十種競技の選手だということが判明しました。

 

※現実の十種競技は以下

 

100m・走幅跳・砲丸投・走高跳・400m・110mハードル・円盤投・棒高跳・やり投げ・1500m

 

これだけの種目で上位入賞したカナタ。

 

そりゃ身体能力が抜群なわけですね。

 

しかしアリエスはそれだけじゃなく「仲間のために命を懸けられる心の強さ」に気づきます。

 

やはり遭難事故の影響があるんでしょうね。

 

なんとかフニシアを救出できて一件落着です!

 

 

以上、<第6話のまとめ>でした。

最後までお読みくださりありがとうございました!

コメントもお気軽にどうぞ~ ( ^ω^)

 

第7話はこちら

 

スポンサーリンク

 

 

▼『彼方のアストラ』を電子書籍で読むなら『eBookJapan』がおすすめです!

 

 

『彼方のアストラ』のコミックスをamazonや楽天ブックスで買うと529円です。

 

しかし、ebookjapanの電子書籍なら・・・370円(税別)で買えます!

 

しかも初回限定ポイントが50%も付くので、最初にまとめ買いが超お得です (^o^)

 

実質50%引きで購入出来てしまいます。

 

決済の方法もクレジットカード・携帯電話払い・各種電子マネーと豊富にあるうえ、あっという間に支払いが終わるのですぐ読めますよ!

 

iPhoneやandroidにも対応していますので、出先でも暇つぶしに最適です。

 

 

  • 彼方のアストラ 第7話 ネタバレ感想:「Marimo Heart」
  • 彼方のアストラ 第6話 ネタバレ感想:「十種競技」
  • 彼方のアストラ 第5話 ネタバレ感想:「キトリーの過去」
  • 彼方のアストラ 第4話 ネタバレ感想:「映像記憶能力」
  • 彼方のアストラ 第3話 ネタバレ感想:「惑星・ヴィラヴァース」
  • 彼方のアストラ 第2話 ネタバレ感想:「アストラ号」
おすすめの記事